お気軽にお問い合わせください。

電話番号042-649-9513

お問い合わせフォームボタン

WHO基準カイロプラクターになるための長い道のり

医師や歯科医に国家資格があるように、カイロプラクティックにも国際的に認められている教育基準と学士号があります。 カイロプラクティックは世界35カ国以上で法制化されており、WHO(世界保健機関)にも正式に認可されているヘルスケアです。

 

WHOが認める基準を満たした正規のカイロプラクターになるためには、4~5年の大学教育課程を修了しなければなりません。その上で、CCE(世界カイロプラクティック機構)が定める試験に合格することがカイロプラクティックの臨床を始めるにあたり課される必須条件となります。

米国や欧米では「背骨のお医者さん」と言われるカイロプラクターは、多くの国で法制化され、その立場は準医師(日本でいう歯科医や獣医師さん)に相当します。

安全で安心して受けることが出来る効果的な施術を提供するためには、やはり大学での体系的な教育システムが必要となります。体や健康のことを扱う仕事ですから、知識と技術の習得にはこれくらいの期間を要するものだと私も思います。

カイロプラクターとして臨床力を高めて患者さんのお役に立てるようになるには、実際に臨床の現場に出た後に本当の試練が立ちはだかります。思考錯誤とたゆまぬ努力を積み上げ、症例との格闘を重ねる毎日です。一般的なお医者さんとは異なり、カイロプラクターは自分の手や体を使って、検査評価や施術を行います。その技術の習得にはドクターの身体訓練も非常に重要になります。カイロプラクティックの最新テクニックでは、精密機器による理学検査、レントゲン撮影、血液検査、自律神経分析、運動神経評価なども行います。日本の現状では、これらをすべて導入することがむずかしく、やはり、問診、触診、視診などのニューマンスキルに頼らざるを得ないと思います。しかし、その状況が逆に日本人ドクターの探求力や技術の向上につながっていることが最大の強みであるとも感じます。

IASTM筋肉治療 八王子整体 内臓整体 サンスマイル八王子

カイロプラクティックは、自分自身でドクターとしての能力を日々向上していく情熱と根気が多いに求められる職業です。患者様から頼って頂けるドクターになるために、長い年月、多くの労力、学習資金を費やし、そのために自分の人生の大部分をかけてこの道を歩んで参りました。

たゆまぬ努力、つよい情熱、継続する力、相手への思いやり、奉仕する気持ち、未来を切り開く強い信念、社会を見る力、健全な心と体、強い知識欲、生命への好奇心、リーダーシップなど、私が必要だと思うカイロプラクターの性質です。

カイロプラクティック大学の勉強では人間の心と体、健康について体型的に全体像を学ぶことができます。基礎医学をベースに、機能を診る力を養い、手技による高度なスキルを習得する。

医科学の最新研究データを理解し、それを臨床に落とし込み、患者さんのケアに活かす能力、そして社会の変化にも精通していることが大切です。

デンマーク、メキシコ、アメリカでは、公立大学の医学部にカイロプラクティックの学科が併設されている学校もあります。とくに解剖学の実習(人体解剖)は医学部よりも長い講義時間の規定を設けられており、人体の構造と働きについて理解を深めることに非常に役立っています。

生物学、生化学、物理などの基礎科学科目から始まり、
人体の正常な仕組みを理解するための科目:解剖学、組織学、生理学、生体力学
異常や疾病のある状態を理解する科目:病理学、免疫学、薬理学
内科学、外科学、心理学、栄養学、運動学、公衆衛生学などを学びます。

カイロプラクティックの哲学、検査学、評価、テクニック
ヘルスケアを補完するために、運動療法、栄養学、心理学を学び、
最終学年では、付属のクリニックでインターンとして実際の臨床を行います。

カイロプラクティックの本場であるアメリカで行われた調査では、
カイロプラクティック大学に入学した学生が100人いたときに、
カリキュラムを修め、大学を無事に卒業できる人は、75%~80%。
卒業して10年後までカイロプラクターという職業を続けていられる人は50%程度であるといいます。

これが意味するのは、正規のカイロプラクターになることが非常にたいへんな道のりだということです。知識、技術、人間的魅力、強い情熱を兼ね備えたものでなければ、カイロプラクターとして世の中に認めてもらうことを実現できないという現状があります。

サンスマイル八王子では、カイロプラクティック大学にて正規カリキュラムを修了し、卒後教育を継続しているカイロプラクターのみが施術にあたっております。安心・安全で効果の期待出来るヘルスケアをご提供するために、現在も積極的に新しいことを学び続け、日々技術と知識の向上に励んでいます。

カイロプラクティック専門大学 教育プログラムの一例

WHO基準カイロプラクターが学ぶ、教育プログラムの一例をご紹介します。

分類 1年目 2年目 3年目 4年目 合計時間
基礎科学

基礎医学

人体解剖学

組織学

神経解剖学

神経科学Ⅰ

生化学

生理学

病理学

検査診断学

微生物学

神経科学Ⅱ

栄養学

免疫学

検査診断学

毒物学

臨床栄養学

公衆衛生学

1156時間
臨床医学 X線解剖学

生物物理学

診断学概論

骨病理学

病理X線学

X線計測学

整形外科学・リウマチ学、神経診断学、症候学、鑑別診断学、放射線技術、外傷学 臨床心理学

救急方法、小児科学、婦人科学、老人科学、特殊X線撮影

807時間
カイロプラクティック科学 カイロプラクティック原理Ⅰ、基礎生体力学、カイロプラクティックテクニックⅠ カイロプラクティック原理Ⅱ

カイロプラクティックテクニックⅡ

脊椎力学

カイロプラクティック原理Ⅲ、臨床生体力学、カイロプラクティックテクニック、カイロプラクティック療法 インテグレート・カイロプラクティック学

法律

1252時間
臨床実習 検査学Ⅰ 検査学Ⅱ 検査学Ⅲ

インターン実習

インターン実習

補助療法

臨床検査学

臨床X線学

X線読影

1470時間
研究 生物測定学 研究論文 32時間

 

4年間の教育合計時間 4465時間