お気軽にお問い合わせください。

電話番号042-649-9513

お問い合わせフォームボタン

ゴルフフィジカル・3つの評価方法①

①動作スクリーニング検査

TPIスクリーニング検査を基に各部位16箇所の可動性と安定性を評価します。方法としてはポージングをとってもらいながら、身体を動かしてもらい、各箇所が正常に動いているかを観察します。

 

<12のスイング特性>

  1. 骨盤の傾斜テスト
  2. 骨盤回旋テスト
  3. 上半身回転テスト
  4. オーバーヘッドディープスクワット
  5. つま先さわりテスト
  6. 90/90テスト
  7. 片足バランステスト
  8. 広背筋テスト
  9. 下半身1/4回旋テスト
  10. 頸椎回旋テスト
  11. 手首橈屈/尺屈テスト
  12. 手首回内/回外テスト
  13. 手首屈曲テスト
  14. 手首伸展テスト
  15. 座位上半身回転テスト
  16. 脚伸展ブリッジテスト

 

可動性と安定性は力の伝達効率を上げ、パワーを生み出すために必要不可欠です。一流ゴルファーの打撃には形に違いがあっても伝達効率に違いはほとんどみつけられないことがTPIの研究で分かっています。

このことからゴルフに適した身体とはスクリーニング検査が正常に行える状態と言えます。

ご自身の身体的特徴を掴み、動作改善に役立てましょう。

※痛みなどの症状が強い場合はカイロ検査から行い、動作スクリーニング検査は症状が改善をみせてから行います。