お気軽にお問い合わせください。

電話番号042-649-9513

お問い合わせフォームボタン

【腰痛の症例】 動きが遅く、こわばった感じ

腰痛骨盤矯正八王子

いつもとは違う腰痛
前にかがむと痛む
最近お腹の調子が悪い

40代女性 事務職 多摩市在住
腰痛整体リハビリ7

【痛みと状態】

  • 昨日、朝洗面台で頭を洗うため前かがみになった瞬間に突然強い腰痛が出た
  • 最近、仕事が忙しくて疲れも溜まっていた
  • もともと腰痛があったが、今回は違った痛み
  • 前にかがむと腰が痛い
  • 腰から殿部にかけて痛む
  • 2、3日前から便秘と下痢を繰り返している
  • 仰向けで寝るとつらい

【検査と施術】

  • 前屈しようとすると痛みが誘発
  • 背中、上半身の筋肉が過度に緊張
  • 体幹と下肢(股関節と殿部)の筋力低下
  • 腰痛の炎症を鎮めるようにアイシング
  • 体幹のインナーマッスルを強める施術
  • 過度に緊張した筋の緩和
  • 後頭骨、上部頚椎の矯正
  • 骨盤(仙骨)の矯正
  • 下部腰椎の矯正

【施術後の感想】

  • 1回の施術で前屈も楽にできるようになりました。
  • 前ぶれみたいな感じで、下痢を繰り返したり、吹き出物ができたり、体は正直に変化のサインを出してくれているのだと感じました。
  • 腰とまったく関係のないことでも、実際はつながっていることの方が多いんだと実感しました。
  • 今後は痛いからカイロプラクティック、整体へいくのではなくて、日々の生活を常にベストな状態で過ごす事ができるように、メンテナンスをうけたいと思います。

腰痛整体リハビリ
担当のコメント
今回のケースは以前にも急性腰痛の経験がある方で、腰椎、骨盤、股関節の柔軟性が著しく低下していたこと、小腸と大腸との間での消化の機能も低下していることが考えれました。

慢性腰痛がある方は体のバランスが崩れていたり、忙しくて体を酷使した際に筋疲労がたまったりして、日々身体は変化していますがそのサインに気づかない方が多いのです。まだ大丈夫と思ってしまっていると危険かもしれません。

サンスマイル八王子カイロプラクティック・整体では関節の矯正をおこないます。しかし痛めてからの期間は短く原因組織では炎症がおきています。痛みのメカニズムとして筋緊張の増大、血管の収縮、局所の乏血、組織の酸素欠乏など身体の中で悪循環も生じています。そのため炎症が生じている部位への直接的なアプローチは炎症が治まってからおこなうことが望ましい時もございます。運動神経と自律神経の働きを正常化させていくように施術していくことで間接的に炎症が起きてる組織のアプローチできます。さらに筋の緩和、ストレッチ、運動療法などの適切な処置を施すことで回復までの期間を短くして痛みを緩和することも可能です。

突然起こった腰痛は姿勢筋とよばれる背中の筋肉とその付着部の伸張と裂傷が関与しております。これはコントロールされていない運動による筋肉の収縮、あるいは腰部の直接外傷によっても起こることがございます。

腰痛を起こすコントロールされていない運動には、急な動き、屈曲と捻転の合わさった運動、重いものを下ろす動きなどがあります。すべての筋肉が伸ばされると同時に収縮する(遠心性収縮)、この重みを引っ張る重力は、正常な状態では筋肉を過伸展から保護する伸張反射の範囲を超えてしまいます。 1回の急性腰痛では、すぐに一時的な疼痛があり、その後痛みがおさまるのが一般的な症状。また患者さんは硬化、運動制限、筋スパズムを経験します。

損傷を受けた直後は、患者さんは短期的急性疼痛を経験することが多く、痛みが和らぎ、動けないほどではないので、ほんのすこし違和感はあるが、そのまま作業を続ける場合もあります。 だが数時間後(しばらく休憩の後)、あるいは翌朝、患者さんは筋スパズムによる激痛のため起き上がれなくなります。

関節フィクセーションやもっと広範囲な軟部組織損傷がなければ、症状は数日のうちに緩解し、徐々に回復して正常な活動ができるようになります。

損傷によって脊髄に重篤なダメージがおこり、靭帯や関節に影響がでている時には単純な腰椎捻挫とは定義できません。 筋肉の生理的な弛緩を妨げる要因はスパズム-疼痛-スパズムの悪循環を作り出し、弛緩をさらに妨げ、慢性疼痛症候群に発展する可能性があります。

急性腰痛の特徴

  • 歩行は遅い
  • 脊椎に痛みを生じさせないように脊椎をかばうような格好
  • 背中をわずかに丸め、あるいは片側に傾ける
  • 筋肉のスパズムの程度に比例して脊椎の運動が制限される
  • 疼痛は放散して、上部は胸椎へ、下部は殿部へ
  • 前屈により不快感は増して脊椎筋のスパズムが片側の場合は前屈によって屈曲度が減少する側弯が存在する
  • スパズムの起こってない側に体を側屈すると疼痛が生じ、スパズムのある側に曲げると不快感が減少し、痛みが和らぐ

もう1つは小腸から大腸に移行する部分(回盲弁)での問題が考えられました。
この回盲弁は一方通行の弁として機能して、これにより、消化をよくするために糜粥を小腸で維持して、栄養吸収のために十分な時間が与えられています。バクテリアが含まれる大腸の内容物の逆流を防ぐ関門して働き、小腸の感染を防ぎます。

回盲弁は消化器官、腎臓、腹膜などの他の部位の刺激によって誘発される内臓ー交感神経反射によって影響を受けることもございます。

回盲弁の機能低下によって起こる症状は

  • 耳鳴り、めまい
  • 脱力
  • 頭痛
  • 浮腫、突然の喉の渇き
  • 目の下のクマ
  • 右肩の痛み、頚部の張り、多関節痛
  • 一般的な痛み
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 回盲弁の障害は早朝に悪化

 

腰の痛み・カイロプラクティック施術料金

  • 初回割引キャンペーン 4700(検査料、施術料などすべて込み)
  • 初回は検査・説明を入れ、50分~60分が目安となります。

2回目以降の料金

  • カイロプラクティック施術料   /5,200
  • カイロプラクティック5回券    /25,000
  • カイロプラクティック10回券 /47,000

ご予約・お問い合わせはこちらから

膝股関節足整体リハビリ サンスマイル八王子

WHO基準カイロプラクティック
サンスマイル八王子
東京都八王子市子安町1-26-14-102

JR中央線・横浜線・八高線、八王子駅南口より徒歩4分
京王八王子駅より徒歩10分

多摩、日野、相模原、八王子みなみ野からも来院多数