お気軽にお問い合わせください。

電話番号042-649-9513

お問い合わせフォームボタン

【膝痛の症例】 膝を痛めてから、歪みがさらに強くなった感じがする

側副靭帯損傷 整体治療 八王子多摩 日野

サッカーによる膝の痛み
膝の内側に痛みを感じる
膝をかばって腰痛も

20才男性 事務職 日野市在住 サッカー歴10年
膝関節治療 スポーツ整体 サンスマイル八王子
【初診時の状態】

  • サッカーで方向転換の時に左膝を痛めた
  • 膝内側が支点になった時に痛くなる
  • 病院では膝の内側側副靭帯を痛めていると言われた
  • 膝を痛めて2ヶ月は運動はできなかった。最初は歩行も難しかった
  • リハビリをしていません(左ももの方が細い)
  • 骨盤の歪みは、小学生の頃から気になっていました(自覚していた)
  • 膝を痛めてから歪みがひどくなった気がする
  • 八王子の知人に紹介されて来院

【検査と施術】

  • 膝の不安定性があり、脛骨大腿関節が不安定性
  • 骨盤のゆがみと左右で偏った体重移動をしている
  • ハムストリング、膝窩筋の筋力低下
  • 股関節と骨盤の動きに制限
  • 背骨の可動性が低下
  • 背骨、胸郭の調整
  • 骨盤、股関節を矯正
  • 膝回りの筋肉、股関節の筋力強化
  • 背骨、大腿部(太もも)ストレッチと緩和

【施術後の感想】

  • 通い始めて2回ほどで膝の痛みは出なくなりました。
  • 5回の施術で歪みもだいぶ落ち着きました。
  • 今は背骨や股関節、膝のストレッチを行ない、定期的に体をケアしてサッカーを楽しんでいます。

多摩八王子整体 膝痛
【担当のコメント】
膝は人体でもっとも複雑な関節の1つであり、もっとも多くスポーツ外傷を受ける関節の1つでもあります。
骨格構造の面では非常に弱く、靭帯と筋肉の支持によって補われています。膝は関節としてはもろすぎます。それは骨自体が関節構造になっていないにも関わらず体重を支えているからです。
筋肉をストレッチしたりする前に下腿部の構造的不均衡、機能的下肢長不一致など股関節、膝関節、そして1番は足底からアプローチして良い位置に整えていきます。

内側側副靭帯は内側半月板、前十字靭帯とくっついているので、同時に損傷してしまう可能性もあります。また膝の内側に行くほど血液供給は悪くなるので、治りが悪くなります。
コンタクトスポーツでは、ある程度鍛えていたら完全断裂を防ぐこともでき、保存で済む可能性もあります。

今回のような内側側副靭帯は外側から内側への力が加わることで傷害されます。腫れはなく、内側関節線付近に痛み、自動、他動域での顕著な低下、機能低下して不安定が増していっていました。(第1度から第3度で段階的に損傷のレベルも分かれています。)

股関節と骨盤まわりのアンバランスから膝へ負荷がかかってしまった事が原因だと考えられました。
膝関節は元々、解剖学的に前後の運動方向にしか動かない仕組みになっています。

年齢を重ねて膝回りの筋力が弱くなったり、股関節や背骨の柔軟性が落ちることも大いに影響します。
普段の運動不足から急に週末の激しい運動を行なう方にはこのような膝の障害が起こりがちです。 今回は背骨と股関節の柔軟性を回復させ、膝関節をサポートする筋肉や体幹の動きを安定させてインナーマッスルを強化したことが良かったのだと思います。

サッカーを楽しんでいただければとても嬉しく思います。

膝痛・カイロプラクティック施術料金

  • 初回割引キャンペーン 4700(検査料、施術料などすべて込み)
  • 初回は検査・説明を入れ、40分~50分が目安となります。

2回目以降の料金

  • カイロプラクティック施術料   /5,200
  • カイロプラクティック5回券    /25,000
  • カイロプラクティック10回券 /47,000

ご予約・お問い合わせはこちらから


膝股関節足整体リハビリ サンスマイル八王子

WHO基準カイロプラクティック
サンスマイル八王子
東京都八王子市子安町1-26-14-102

JR中央線・横浜線・八高線、八王子駅南口より徒歩4分
京王八王子駅より徒歩10分

多摩、日野、相模原、八王子みなみ野からも来院多数