八王子駅前整体・痛みの治療院、サンスマイル八王子。日野、多摩、相模原からも口コミ来院多数。歪み・骨盤矯正、自律神経なら

お気軽にお問い合わせください。

電話番号042-649-9513

お問い合わせフォームボタン

【野球肩の症例】3年ぶりに仲間と草野球を再開、しかし肩痛で投げられない

多摩八王子 野球肩 整体

野球を再開、野球歴13年
ボールリリース時に肩が痛い

20代男性  事務職 多摩市在住
野球肩リハビリ八王子整体

【痛みと状態】

  • 高校まで毎日のように野球をしていたが、社会人になり運動を全くしなくなった
  • 社会人になってから長時間同じ姿勢でいることが多くなった
  • 学生時代は毎日のように体を動かしていたが、現在は月1~2回しか運動が出来ていない
  • 筋力も落ちてきて、肩こりや腰痛も気になり始めている
  • 肩の周辺も動かしにくくなってきました
  • 体重も増えてきて、動こうとすると体が重い
  • 高校の仲間にカイロプラクティック、整体を勧められて来院

【検査】

  • 股関節、足の柔軟性低下
  • 姿勢:背中が丸く(猫背)、肩を前方へ丸まっている
  • 上部胸椎、胸郭、肋骨の柔軟性低下
  • 肩の不安定性
  • 肩甲上腕リズムのアンバランス
  • 肩甲骨の周囲の筋肉の過緊張(上部僧帽筋、大胸筋)
  • ローテーターカフの過緊張(肩甲下筋、棘上筋)
  • 肩甲上腕リズムの機能低下(腕を挙げる動作のバランスが崩れている)

【施術】

  • 上部胸椎~中部胸椎の矯正、肩関節、肩甲骨の矯正
  • 肩甲骨、胸郭(肋骨)の操作
  • 身体の硬さ、特に大腿部後面(ハムストリング)の柔軟性を向上させていく
  • 骨盤、股関節の矯正
  • 肩まわりの筋の緊張緩和、筋力強化
  • 体幹部の強化

【施術後の感想】

  • 気持ちは学生時代のままでいたので、体がついていかず、あちこち悲鳴をあげていました。
  • 5回目の来院後は、30~40メートルぐらいで投げても痛くなかったです。
  • 10回目ぐらいの時には肩周り、体幹部の強化を継続しておこなったことで試合の時に無理な体勢から送球しいも問題ありませんでした。
  • 日々の生活では常に座っての作業が多くので、出来る限り野球は楽しく続けていけるようにサンスマイルさんで体をケアをしていきたいと思っています。

八王子野球肩 整体

【担当のコメント】
今回のケースは学生時代に毎日のように野球をやっていて、社会人になったことで生活も180度変わってしまい、一日中パソコン作業をおこなっていたことで、肩周り、体幹部の筋肉、関節の歪み、肩関節を支える筋肉への神経系の伝達が低下したことで起こってしまったと考えられました。

サンスマイル八王子カイロプラクティックでは、不安定な肩の動きをカバーするために肩関節周辺の関節包、首~肩・腕~肩に付く筋や腱を正常に働かせるために下部頚椎、胸椎、肩甲帯、肋骨などの機能を矯正して運動神経の情報伝達を整えて、筋力アップのためのリハビリと腕や首の筋肉のストレッチをいたします。

野球肩を解消して頂くために、負荷少ない投球フォームの指導(ゼロポジション)や投球で必要な筋肉のリハビリなど様々なサポートを行っています。

野球肩になったときには、肩だけの操作だけではなく、背骨、骨盤の矯正を積極的におこなっていくことをオススメします。

始めての肩の痛みは大好きな野球ができないことでの不安とストレスを感じると思います。身体のケアの面からも気持ちの面からもサンスマイル八王子は、スポーツマンを応援しています。

コンディショニング不良
野球肩、野球肘を生じている野球人の多くは上肢・下肢の柔軟性の低下など機能低下を認めます。ローテータカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)、大腿四頭筋、ハムストリング、背筋、腸腰筋の柔軟性は高率に低下します。

回旋筋腱板(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)
肩を動かす時に関節の安定に貢献する筋群であり、パワーを消費し続けます。動的安定性の調整、関節包内運動の制御システムとして反映しています。 特に回旋筋腱板は肩を動かしている最中に上腕骨頭を関節窩の中心に保つように機能しています。

  • 棘上筋:肩関節外転作用(起動筋)、三角筋との外転フォ-スカップル作用、上腕骨支点形成作用。棘上筋は回旋筋腱板の中で最も損傷されやすく、末梢血管の支配が少ないので治癒が遅いといわれています。
  • 棘下筋:上方繊維群、下方繊維群に分かれています。上方繊維群は肩の水平伸展に作用、下方繊維群は外旋に作用します。
  • 肩甲下筋:肩関節の内転作用、内旋作用(強力で緊張が強いと外旋出来なくなる)。
  • 小円筋:肩外旋作用、外旋時の関節包インサーション防止作用、外転時の骨頭安定作用。

背筋や腸腰筋が硬く腰椎前弯が強い状態や、股関節周囲筋が硬いために正しいスクワットや安定した片足立ちができない人が多くみられます。また柔軟性だけではなくて体幹から股関節周囲のコアスタビリティーの低下も最近注目されている。そうした下肢、体幹機能の低下があると下肢・体幹からのエネルギー出力が低下する。すると運動連鎖的に積み木の土台の機能が低下するため、そのままでは全体のパフォーマンスの高さ、すなわち球速が低下する。球速を保つためには上肢を強く振ることで球速を保とうとして結果的に上肢のオーバーユースを招くことに繋がります。

運動連鎖から肩の障害
投球フォームは身体各部の機能が連鎖して全身の動き(フォーム)となるので、フォームの乱れは機能評価に重要な情報となる。野球肩障害では、約90%に何らかのフォーム上の問題が指摘されます。

投球動作の各相に必要な関節や筋肉などのすべての運動機能が正常に近くなければ、投球フォーム上の問題が出てくるが、選手自身が投球に際して行おうとしていた動作と実際に行われた動作(フォーム)とのギャップも関節機能や運動連鎖の問題点を見つける重要な情報になります。

野球肩の障害・カイロプラクティック施術料金

  • 初回割引キャンペーン 4700(検査料、施術料などすべて込み)
  • 初回は検査・説明を入れ、50分~60分が目安となります。

2回目以降の料金

  • カイロプラクティック施術料   /5,200
  • カイロプラクティック5回券    /25,000
  • カイロプラクティック10回券 /47,000

ご予約・お問い合わせはこちらから

膝股関節足整体リハビリ サンスマイル八王子

WHO基準カイロプラクティック
サンスマイル八王子
東京都八王子市子安町1-26-14-102

JR中央線・横浜線・八高線、八王子駅南口より徒歩4分
京王八王子駅より徒歩10分

多摩、日野、相模原、八王子みなみ野からも来院多数