お気軽にお問い合わせください。

電話番号042-649-9513

お問い合わせフォームボタン

【野球肩の症例】肩の休息をとっても、たびたび痛くなる

野球肩整体ストレッチ

野球肩で来院
中学生の時から度々痛くなる

野球歴8年
ボールリリース時に肩が痛い

20代男性 事務職  多摩市在住
野球肩リハビリ八王子整体

【痛みと状態】

  • 中学生の時に遠投を毎日のようにしていたら、だんだん痛くなってきた
  • 冷やしたり、温めたりしたが良くならないので、整形外科を受診→野球肩と言われました
  • 肩を休ませれば痛みが消えるが、また強く投げたり、遠くに投げようとすると再発してしまっていた
  • 高校卒業まではなんとかだましながら、野球を続けていたが、最近は毎回投げると痛みが出てきている
  • 休日に仲間と楽しくやっている野球が、肩の痛みでチームに迷惑をかけてしまっている
  • 野球チームの仲間にカイロプラクティックを勧められて来院

【検査】

  • 頚椎の不安定性、上部胸椎、胸郭、肋骨の柔軟性低下
  • 下肢の柔軟性低下
  • 姿勢検査:右肩の前内方、左骨盤の方が高い
  • 右肩の不安定性
  • 肩甲上腕リズムのアンバランス
  • 肩甲骨の周囲の筋肉の過緊張(上部僧帽筋、大胸筋)
  • ローテーターカフの過緊張(肩甲下筋、棘上筋)
  • 肩甲上腕リズムの機能低下(腕を挙げる動作のバランスが崩れている)

【施術】

  • 上部胸椎~中部胸椎の矯正、肩関節、肩甲骨の矯正
  • 肩甲骨、胸郭(肋骨)の操作
  • 身体の硬さ、特に大腿部後面(ハムストリング)の柔軟性を向上させていく
  • 骨盤、股関節の矯正
  • 肩まわりの筋の緊張緩和、筋力強化
  • 体幹部の強化

 

【施術後の感想】

  • 5回目の施術後にはキャッチボールで痛みなく投げられるようになりました。
  • 今は7割ぐらいの力で投げても痛くない。
  • 家でできる体幹トレーニングと肩周りの強化の方法も続けています。
  • 今は仲間と楽しみながら草野球をずっと続けていけるようにサンスマイルさんで体をケアをしていきたいと思っています。

八王子野球肩 整体

【担当のコメント】
今回のケースは上腕骨頭と肩甲骨、そして肩峰との間での問題が考えられました。
痛みとしては肩に出ましたが、全体的にアプローチしていく必要がありました。背骨の柔軟性低下、肩周囲の循環低下、肩甲胸郭関節の機能低下、股関節、下肢の柔軟性低下により、不安定な肩関節にストレスがかかり、その状態が続いたことで肩峰下での繰り返しのストレスが生じていました。

サンスマイル八王子のカイロプラクティック・整体施術では、まず関節の矯正をおこなうことで、骨と骨を連結する関節の動きを良くして、運動神経の働きを正常にするお手伝いをいたします。また筋肉、腱、関節にある固有受容器の機能も従来の緊張度が回復されることが多いです。その後肩関節や肩甲骨のフォースカップル、肩甲上腕リズム、肩関節のゼロポジションのリハビリ指導、アドバイスをさせていただきます。

試合て楽しく野球が出来ているということでとてもうれしくおもいます。、普段は何気なくやっている投げる動作ですが、急に出来なくるとると、とても不安になります。全力で投げて、打って、走れるように、今後もしっかりサポートさせていただきます。

投球動作は4つに分類されている

  • セット、ワインドアップ:肩関節ストレスは低い。投球動作の開始から振り出し足の膝が最も高く上がった時点までである。
  • コッキング:肩関節ストレスは肩前面、下方。振り出した足が地面につくまで。この時期は、準備期で蓄えた捻りのエネルギーを投球方向に重心を移動しながら捻り返しの運動エネルギーとして解放する転換期である。
  • 加速期:肩関節ストレスは肩前面。利き腕の最大外旋位を通り、ボールをリリースするまでである。下肢、腰、体幹へと解放された一連の運動エネルギーが利き腕の鞭打ち様運動からボールに加重させる伝達期である。
  • フォロースルー:肩関節ストレスは肩後面、肩の動揺。リリースから上腕最大内旋位を経て、利き腕を振り切るまでである。リリースに導いた利き腕の負担を吸収し、一連の投球動作の終了期である。

コッキング期から加速期にかけて肩関節の前面への関節ストレス。
減速期からフォロースルー期にかけて肩関節の後面へのストレス。さらに肩関節の動揺がみられます。

コッキングからボールをリリースするまでの0.139秒という非常に短い時間の中で、静止していたボールを150近いスピードまで力を伝える動きが投球動作であり、この投球の動きの中で関節に負荷がかかる瞬間が2ヵ所あります。

1回目は投球方向側の足が接地して、体幹から上肢までの動きを使ってボールを前に動かしていく瞬間。肩関節に外転、水平外転、内旋方向へのトルクが加わる。

2回目はボールをリリースした直後に急速に減速する瞬間。肩関節に圧迫力が加わります。

肩関節のインピンジメントは大きく3つに分かれます。
1:烏口肩峰アーチと肩峰下滑液包、回旋筋腱板(ローテータカフ)との間で起こる肩峰下インピンジメント
2:肩関節内の関節窩と回旋筋腱板、関節唇との間で起こるインターナルインピンジメント
3:烏口突起と上腕骨の小結節との間に肩甲下滑液包や肩甲下筋等のインピンジメント

肩峰下でのインピンジメント
肩峰と回旋筋腱板の間には肩峰下滑液包が存在し、肩峰と回旋筋腱板との摩擦を和らげています。頻回の繰り返し動作により回旋筋腱板や肩峰下滑液包で炎症が起こり、その後石灰化して回旋筋腱板が肥厚し、肩峰との間で癒着が起こります。

肩甲上腕リズム
肩甲骨面での挙上運動において肩甲骨の上方回旋に対する肩甲上腕関節の外転角度との比のことである。肩関節の外転運動が起こるときには外転90度までは肩甲骨が30度上方回旋し、上腕骨60度外転する。外転180度になると肩甲骨が60度上方回旋し、上腕骨が120度外転する。

肩関節のゼロポジション
上腕骨の長軸と肩甲骨の肩甲棘の長軸が一直線上にあるポジションであり肩関節水平な内転60度、屈曲120度に挙上した状態をいいます。関節包や回旋筋腱板の緊張が一定となり上腕骨頭は関節窩に安定した張力で引きつけられ肩関節のおいて最も安定したポジションとなるといわれています。

 

野球肩・カイロプラクティック施術料金

  • 初回割引キャンペーン 4700円(検査料、施術料などすべて込み)
  • 初回は検査・説明を入れ、40分~50分が目安となります。

2回目以降の料金

  • カイロプラクティック施術料   /5,200
  • カイロプラクティック5回券    /25,000
  • カイロプラクティック10回券 /47,000

ご予約・お問い合わせはこちらから、

 

草野球整体 サンスマイル八王子

WHO基準カイロプラクティック
サンスマイル八王子
東京都八王子市子安町1-26-14-102

JR中央線・横浜線・八高線、八王子駅南口より徒歩4分
京王八王子駅より徒歩10分

多摩、日野、相模原、八王子みなみ野からも来院多数